首イボを皮膚科で治療すると費用はどれくらい?

皮膚科の首イボ治療を比較しよう

「首イボができたから皮膚科にいくべき?」
「皮膚科に行くとどんな治療をしてくれるの?」
突然できてしまう首イボ。とりあえず皮膚科に行けばいいのかな?と思いますよね。でも、どんな治療をするのか、費用はどれくらいかかるのか。事前に調べておくことも大切です。

 

そもそも、皮膚科での治療と言っても大きく分けて3種類あります。まずはその3種類を比較して、皮膚科治療のメリットやデメリットを確認しておきましょう。

 

  レーザー 液体窒素 医療はさみ
痛み 塗布麻酔 強め ほぼなし
跡残り 残りづらい 残りやすい 残りづらい
費用 1万円以上~ 3000円以上~ 数百円~数千円
保険 適用外 適用あり 適用あり

 

皮膚科で治療するメリット

・即効性
皮膚科で行える治療はいずれも即効性がある治療法になります。今すぐに除去したいという方は皮膚科で治療するのがおすすめです。

 

皮膚科で治療するデメリット

・跡ができる可能性
はさみで切除、液体窒素で焼く、レーザーで焼く、どの方法でも仕上がりがキレイになるは皮膚科医の技量によるものが大きくなります。

 

いくら医者とはいえ人間です。ミスが起こる場合もあり、跡が残るリスクが0ではないことを覚えておきましょう。

 

・予防できない
首イボは老化が原因でできるもので、繰り返しできてしまうのが特徴です。

 

しかし、皮膚科での治療ではできた首イボを除去してくことしかできないので、予防はすることができません。

 

予防ができる首イボケア用のクリームもあるので確認しておくと役に立つかもしれません。

 

>>首イボが予防できるクリームとは?

 

皮膚科での首イボ治療方法は大きく3つありますが、それぞれに特徴やメリット・デメリットがありました。それぞれの治療についてさらに詳しく知りたい場合は下の個別解説記事を参考にしてみてください。

皮膚科で首イボ治療前に!絶対知っておくべき治療の種類と保険・費用記事一覧

「レーザー治療って高くつきそう・・・」「液体窒素とはなにが違うの?」「痛みや色素沈着はひどくないの?」首イボを皮膚科で治...

「皮膚科でもイボをはさみで切るって本当?」「はさみで切ったら痛そうだし跡が残りそう」「はさみで切るのは自分でもできるよね...

「液体窒素だと費用はいくら?保険適用は?」「液体窒素で焼くのって痛くないの?」「色素沈着で跡が残るっていうけど大丈夫かな...