-->

首イボはレーザー治療がおすすめ!?

首イボのレーザー治療ってどうなの?

「レーザー治療って高くつきそう・・・」
「液体窒素とはなにが違うの?」
「痛みや色素沈着はひどくないの?」
首イボを皮膚科で治療するにはいろいろな方法があります。そのなかでも炭酸ガスによるレーザー治療は一番お金がかかる方法です。

 

しかし、高額なレーザー治療もメリットばかりではありません。「とりあえずよさそうだから!」と決めてしまうのではなく、まずは炭酸ガスレーザーでの治療についてよく知っておきましょう。

 

目次

 

レーザー治療の特徴

痛み 麻酔により無痛に
かかる費用

「イボの数×1000~2000円」
+「その他費用1万円~2万円」※

保険 適用外
跡残り 跡が残りづらい
イボの予防 できない

※その他の費用には初診料、診断料、技術費、処方箋料などが含まれます。

 

メリット

即効性・キレイな仕上がり

デメリット

繰り返すイボの予防はできない

 

炭酸ガスレーザー治療の体験談

長年悩んだ首イボが・・・

毎日鏡で見るたびにうんざりしていたので、いきつけの皮膚科に相談したところ、跡の残りづらい炭酸ガスレーザー治療を勧められました。丁寧にカウンセリングを受けた後、麻酔をして実際の治療をしました。費用は2万円ほどかかりましたが、キレイに首イボを除去することができました。全体的には満足ですが、しいているなら治療後のケアは大変ですね。ずぼらな私には大変でした。

45歳女性

日焼け対策が大変!

最近気になりだした首イボをどうにかしたいと思い、思い切ってレーザー治療を受けてみました。イボ自体はキレイに取れたものの、治療後のケアが大変でした。というのも、私は夏に治療を受けてしまったので、日焼け対策をしなければ色素沈着してしまう可能性があったのです。美白剤や日焼け対策など、苦にならない人にはおすすめですが、ずぼらさんには少し大変かもしれないですね。

52歳女性

キレイに治療できました

首イボは若いころからありましたが、娘から指摘されたのがショックで治療を受けることにしました。炭酸ガスレーザーがキレイに治療できると聞いたので炭酸ガスレーザー治療を選びました。塗るタイプの麻酔をしたせいか、まったく痛みを感じずに治療することができました。治療後のケアは少し気を使いますが、キレイに治療できたので、レーザー治療を選んでよかったです。

48歳女性

 

注意事項

炭酸ガスレーザー治療を受けられない人

妊婦さんは炭酸ガスレーザーによる治療を受けることができません。レーザーというよりも、麻酔がNGです。

 

炭酸ガスレーザーによる首イボ治療では麻酔が必要になります。妊娠中は治療ができないので、出産後に改めて治療を検討することになります。

 

色素沈着について

レーザー照射の治療後は多少の色素沈着が見られます。しかし、治療後のケアを怠らなければほとんどの場合数か月でキレイに戻ります。

 

最終的にはイボがあったこと、レーザー治療をしたことがわからないくらいキレイに治療することができます。

 

治療後の経過について

治療後は治療した個所が赤くはれ上がって乾燥し、かさぶたのような状態になります。(ダウンタイム)この状態が通常1週間から2週間続くことになります。ダウンタイムの期間は皮膚科から保護テープが処方されるはずですので、それをつけていなければなりません。

 

また、テープをはがした後も日焼け対策や美白剤(ハイドロキノン)を使用して、色素沈着を防がなければなりません。

 

レーザー治療は色素沈着が起こりづらい治療法と言われていますが、治療後のケアは怠らないようにすることが大切です。

具体的な治療について

治療の概要

液体窒素で焼く治療よりもレーザー照射の精度が高いので、より正確に照射することができます。そのため、液体窒素よりも色素沈着が起こりづらく、仕上がりがきれいになります。

 

治療の流れ

実際の治療は受診する皮膚科によって異なりますが、もっとも一般的な手順をご紹介しておきます。詳しくは受診する皮膚科に尋ねるのが一番ですが、大まかな流れを確認しておきましょう。

  1. 診察・カウンセリング(レーザーを照射するイボを決める)
  2. 費用の見積もり(保険適用外です)
  3. 麻酔(局所麻酔)
  4. レーザー照射
  5. 治療後のケア

首イボのレーザ治療まとめ

首イボのレーザー治療について情報を整理しました。
「今すぐ治療したい!!」
「お金がかかってもキレイに治療したい」
そんな人におすすめなのがレーザー治療です。ただし、治療後のケアは時期や環境によっては大変になることもあります。治療後のことまで考えたうえでレーザー治療を検討すると失敗しなさそうですね。

 

首イボを治療する方法はレーザー治療以外にもあります。それぞれメリットやデメリットがあるので、一度確認しておくのがおすすめです。
>>首イボを治療する方法一覧を確認しておく

関連ページ

はさみで切除
皮膚科での首イボ治療のひとつに、医療用ハサミによる切除があります。一見大丈夫なの!?と思ってしまう治療法ですが、実際のところはどうなのでしょうか。また、かかる費用や保険適用についてもまとめています。
液体窒素
皮膚科での首イボ治療のひとつに、液体窒素による凍結療法があります。この治療法のメリットやデメリット、費用や保険適用について知っておきましょう。