首イボに効果がある市販薬はどれ?

首イボの治療・除去におすすめの市販薬は?

「皮膚科じゃなくて自宅で治したい!」
「皮膚科は高そうだから、行きたくない。」
「病院に行く時間がないから市販薬で治したい」
気になる首イボ、なんとかして取りたいですよね。首イボは皮膚のトラブルですから、一番最初に思いつくのは皮膚科・・・

 

とはいっても時間がなかったり、費用が高くなりそうだったり、病院って敬遠してしまいがちですよね。そうだとしたら市販薬で済ませたいと思うのが当然です。

 

でも、市販薬だっていいことばかりではありません。市販薬で首イボ治療を失敗してしまわないためにも、使い方や市販薬の選び方、メリットやデメリットも知っておきましょう。

 

目次

市販薬で治療できるイボ

まずはじめに覚えておかなければならないのが、市販薬で治療できるイボ治療できないイボがあるということです。市販薬で治療できる首イボはウイルス性のもの、老人性のものです。病気によるものは、元の病気を改善しなければ治らないこともあるので、注意が必要です。

このイボはなに?簡単チェックシートその1

  • かゆみがある
  • 急激に増えたイボである
  • 両足にイボができている
  • イボというより、赤い発疹にも見える

2つ以上に当てはまる場合は、内臓の病気の兆候かもしれません。
>>内臓の病気の兆候のイボの詳細はこちら

 

このイボはなに?簡単チェックシートその2

  • 手と足にイボがある
  • 白色〜肌色の硬いイボである
  • イボの中心に黒色の1mm程度の細い芯がある

この3つに当てはまる場合はウイルス性のイボである可能性が極めて高いです。自分だけで解決しようとすると、手や足全体へ広がってしまうことがあります。ウイルス性のイボである疑いがあるときは、必ず皮膚科を受診しましょう。
>>ウイルス性のイボの詳細はこちら

 

 

2つのチェックシートに当てはまらない・全く違う場合は老人性のイボであると言っても大丈夫でしょう。老人性のイボは市販薬でも治すことができます。

 

しかし、市販薬とはいえど薬です。使い方を間違えるとイボが治らなかったり、跡が残ってしまったりしてしまいます。

選ばれている市販薬は?

市販薬も皮膚科医の指導で選ぶのが理想的です。ここではよく選ばれている市販薬を紹介・解説しておきます。ただし、あくまでも皮膚科医の指導のもとで選択・使用するようにしてください。

 

塗るタイプ(軟膏タイプ)

 

おすすめ度

効果※

首への使用

その他

イボコロリ

-

-

×

 首に使用不可

紫雲膏

2.0/5.0

風呂上がりに紫雲膏でパック。3ヶ月くらいでイボが取れる。

イソジン軟膏

-

×

ウイルス性のイボには効果があると言われています。

オロナイン軟膏

1.0/5.0

×

イボへの効果はありません。

※老人性イボへの効果です

 

軟膏タイプは効果がないことはありませんが、効き目が薄いといわれています。首に使用できないものもありますので、あまりおすすめではありません。

 

貼るタイプ(シールタイプ)

 

おすすめ度

効果※

首への使用

その他

イボコロリ

-

-

×

首への使用不可

新カットーコン

-

-

×

首への使用不可

スピール膏

-

-

×

首への使用不可

※老人性イボへの効果です

 

貼るタイプの市販薬は肌が薄い部分、弱い部分には使用できません。ですから、首への使用は禁止されています。

 

飲むタイプ

 

おすすめ度

効果※

有効成分

その他

イボコロリ

4.0/5.0

ヨクイニンエキス

1998mg

 首や背中などのイボを治すための医薬品

ヨクイニンS

「コタロー」

4.0/5.0

ヨクイニンエキス

2000mg

 首や背中などのイボを治すための医薬品

ヨクイニンエキス顆粒

3.0/5.0

ヨクイニンエキス

1500mg

 首や背中などのイボを治すための医薬品

※老人性イボへの効果です

 

飲むタイプの有効成分はヨクイニンエキスです。種類によってヨクイニンエキスの量が若干違いますが、不思議なことに人によって合う薬が違うようです。

 

市販薬を使う上での注意点

 

使用前には皮膚科へ

「皮膚科には行きたくないから市販薬でいいや」
「市販薬だし使い方を守れば問題ないよね」

 

そう思ってしまいがちな市販薬ではありますが、イボを治す場合は必ず皮膚科を受診しましょう。
>>どうしても受診したくない場合はこちらがおすすめです

 

塗るタイプ、貼るタイプ、飲むタイプ・・・どのタイプを使うのが一番いいかはイボの状態によって変わります。

 

素人目で判断することは難しいのでここで皮膚科医に相談する必要があるのです。ここを面倒くさがって自分で勝手に判断してしまうと、いつまでも治らない悪化してしまうということがあるので注意が必要です。

 

綺麗な手で使う

塗るタイプ、貼るタイプの場合は必ず綺麗にした手で使用するようにしましょう。イボを削っていくったり、柔らかくしていく段階で、使った部分はばい菌が入りやすい状態になります。

 

別の病気の感染を防ぐためにも、使用前には必ず手を洗うようにしましょう。

 

跡が残らないとは限らない

市販薬で治療した場合、正しい使い方をしていても跡が残ることがあります。首イボの治し方はいくつかありますが、最も跡が残りやすい方法といえるかもしれません。

 

この跡をきれいにしようとすると、かえって高額な費用がかかったりということにもなりかねません。跡が残るかもしれないというリスクも承知の上で使うようにしましょう。

 

効果がない場合は・・・

市販薬は皮膚科に選んでもらえば、選び間違えることはありません。しかし、それでも効果が出ないことはありえないとは言えません。

 

その場合はイボの状態が変化してしまっていたり、使い方が間違ってしまっているかもしれないので、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

首イボ専用市販薬のメリット・デメリット

メリット

  • 自宅でイボのケアができる
  • すべて皮膚科で治療するよりもコストを抑えることができる

 

首イボ専用市販薬のデメリット

  • 自宅でイボのケアができるとは言え、皮膚科を受診しなければならない
  • 使い方を間違えると、効果がないだけでなく副作用が出る
  • 自分のやり方があっているか不安になる
  • 正しく使っても跡が残ることがある

 

メリット・デメリットからこんな人におすすめ
  • 数回なら皮膚科に行ける
  • 費用を安く、安くしたい
  • 多少跡が残っても気にしない

 

>>皮膚科に行きたくない、跡を残したくないときのおすすめ

首イボに効果がある市販薬まとめ

皮膚科に行く回数が減る、費用を安く抑えることができる、、、一見メリットばかりあるようにみえる市販薬ですが、それなりのリスクがあるといいうこともわかりました。

 

知っておくだけでも比較ができるようになるので、より納得して治療法を選ぶことができるようになります。

 

首イボは繰り返しできてしまうものです。もしかすると死ぬまでの長い付き合いになるかもしれません。治療法や治し方だけでなく、予防法の知識も持っておくことがおすすめです。

 

>>首イボの予防ができるクリームとは

関連ページ

首イボ取り用クリーム
首イボを取るために作られたクリームって効果ある?口コミや効果を市販薬と徹底比較しました。
爪切り・ピンセットで取る
気が付いたらとりたくてどうしようもなくなってしまう首イボ。気が付いたらすぐに爪切りやピンセットでとっても大丈夫!?痛みはない?注意点は?という疑問を解決します。