老人性イボの原因や治療法とは?

老人性イボはどう対処する?

「あれ、こんなイボあったっけ?」
「数え切れないくらいプツプツができて汚い!」
「ついつい鏡を見るたびに気になってしまう」
その気になるイボ・プツプツの正体は、年をとるとできてしまう老人性のイボかもしれません。「まだそんな歳じゃないと思っていたのにな・・・」と思っていても、老人性イボはできることがあります。

 

「どんどん増えてくるし、もうどうしたらいいかわからない!」
どうしたらいいかわからなくなってしまう前に、まずは老人性のイボについて知識を整理しておきましょう。

 

老人性のイボってどんなもの?

<画像>
老人性のイボは、その名の通り加齢が原因でできてしまうイボのことです。はじめはシミだと思っていたものが、だんだんガサガサして盛り上がってくる感じがします。「老人性イボ」と呼ばれることが多いですが、正確には脂漏性角化症や老人性疣贅という良性の腫瘍です。

 

加齢とともにできてしまう老人性イボですが、正確なメカニズムはまだ明らかになっていません。加齢の他にも紫外線や擦れによるダメージとも言われています。老人性とは言いますが、一般的には30代〜40代くらいから目立ち始めます。早い人では20代から目立ち始めるということも。鏡で見た時に気になったり、服やアクセサリーに引っかかるのがイヤでとってしまう人もいますが、放置する人もいます。

 

老人性イボの特徴

できる部位 主に首や顔
褐色~黒色が多い
大きさ 1mm~2cmとバラつきがある
病性 なし
痛み なし
治し方 皮膚科・市販薬・クリーム >>比較する
放置した場合 大きくなる

 

老人性イボは主に首や顔にできます。しかし、体のどの部分にできてもおかしくはありません。首や顔にイボができやすいのは、紫外線が当たってしまう部分は肌がダメージを受けやすく、老化が進みやすくなっているためだと考えられています。

 

老人性イボを放っておいても大丈夫?

老人性イボは良性の腫瘍なので、放っておいても健康上の問題はありません。

 

しかし、放っておいた場合のデメリットがあるのも事実です。

  • どんどん大きくなってしまう
  • 数が増えてしまう
  • 見た目が汚い

これをどう考えるかは人によっては違いますが、除去する人もたくさんいます。
特に若い人は見た目が気になってしまったり、服やアクセサリーに引っかかるのがイヤになってしまうという理由で取る人が多いです。また、どんどん大きくなってしまうので「若いうちにできるものは取っておきたい・・・」と考える方もたくさんいます。

老人性イボの治療法

老人性イボは必ず治療しなければならないわけではありません。

 

しかし、服やアクセサリーが引っかかって痛い思いをしたり、首元がでる服を着ると目立ってしまうという理由で治療する方も多いです。特に女性は「いつまでもキレイでいたい」「なにより見た目が汚いからなんとかしたい」「鏡を見るたびに気になって仕方がない」という理由で、治療する人が多いです。

 

老人性イボの治療法(治し方)はいくつかありますが、大きく分けると3通りです。

  • 皮膚科で治療する
  • 市販薬で治療する
  • クリームでケアする

 

 

クリーム

市販薬

皮膚科

効果

即効性

△(※1)

個人差

あり

痛み

なし

あり

跡残り

しない

手軽さ

×

再発防止

×

×

費用(円)

1000~

1000~

1万円~(※2)

※1:効果がみられるまで個人差があります。
※2:保険適用後です。また、治療法によって違います。

 

皮膚科の治療と自宅ケアにはそれぞれ長所と短所があります。しっかり比較して自分にあった方を選びたいですね。

 

関連ページ

アクロコルドン・スキンタッグ
アクロコルドンとスキンタッグ、似ているようで少し違う2つの首イボについて解説します。違いや見分け方、原因や治療法まで解説します。
ウイルス性のイボ
このイボはウイルス性なの?老人性なの?と困っている方は、まず情報を整理することが大切です。初めに覚えておきたい、判別の仕方や違いの解説から、治療法までまとめています。
胃がんの兆候のイボ
胃がんの兆候といわれている「デルマドローム」その特徴や通常の首イボとの違いと見分け方、対応の仕方を解説します。
若い時にできるイボ
若いのに突然首にイボがたくさんできてしまったら心配になりますよね。老化によって首にイボができてしまうとはいいますが、若い時にできるのは大丈夫なのか・・・