老人性?ウイルス性?どっちのイボ?

そのイボは老人性?ウイルス性?

「老化によって首や顔にイボができてしまう」というのはよく知っているかもしれません。でも、それと間違えてしまうこともあるイボにウイルス性のイボがあります。老人性イボは取る必要はありませんが、ウイルス性のものは取らなければなりません。

 

「突然見覚えのないイボができたけど、ウイルス性じゃないか不安」
「痛みがあるんだけどこれはウイルス性かな?」
「老人性イボは硬いっていうけど、柔らかいから不安」
そんな不安を解消するために、まずはウイルス性のイボについての情報を整理しておきましょう。ウイルス性のイボは正しく対処すれば、完治して綺麗な体を取り戻すことが可能です。

 

ウイルス性のイボってなに?

<画像>
ウイルス性のイボはHPVといううウイルスが原因です。首や顔にできやすい老人性のイボとは違い、手のひらや足の裏にできやすいという特徴があります。通常は手のひらや足の裏にできるウイルス性のイボですが、稀に首にできてしまう人がいるため、老人性のイボと間違えてしまうことがあります。

 

ウイルス性イボの特徴

できる部位

主に手のひらや足のうら

肌の色~白色

大きさ

数mm~数cm(進行によって巨大化)

病性

あり

痛み

あり

治し方

皮膚科・市販薬

放置した場合

うつる、全体に広がる

 

非ウイルス性のものとの違い・見分け方は?

ウイルス性のイボと老人性のイボの違いや特徴を表にまとめました。表の項目で違いを判断することができます。

 

老人性イボとウイルス性イボの違い

  老人性 ウイルス性
できる部位 主に首や顔 主に手のひらや足のうら
褐色~黒色 肌の色~白色
大きさ 1mm~2cm

数mm~数cm

 

病性 なし あり
痛み なし あり
治し方 皮膚科・市販薬・クリーム 皮膚科・市販薬
放置した場合 大きくなる うつる、全体に広がる

 

このように、素人目でもウイルス性のイボは判断できないことはありません。少しでもウイルス性の疑いがある場合は、必ず皮膚科に行きましょう。人にうつしてしまうだけでなく、自分でイボを触ってしまうことで身体中にイボができてしまいます。

 

自分のため、周りの人にうつさないために、少しでも疑いがあれば必ず皮膚科に行くようにしましょう。

感染の経路や原因

ウイルス性のイボなので、原因はウイルスの感染です。このウイルスの感染経路は様々で、日常のあらゆるところに危険が潜んでいます。

 

  • 電車のつり革
  • エスカレーターや階段の手すり
  • 様々なボタン
  • プールや温泉の脱衣所
  • スリッパ

 

人が素手で触れるもの、素足で触れるもの全てから感染する可能性があります。「ウイルスに接触しない」ということは不可能と言ってもいいかもしれません。しかし、そう簡単にイボができないのにも理由があります。このウイルスは傷からしか体内に入り込むことができません。ですから、傷ついた手足で触れなければイボはできないということになります。

 

あかぎれ、ささくれ、擦り傷、靴づれなど小さな傷がある場合は、絆創膏で傷口にウイルスが触れないようにすることが予防になります。手や足に小さな傷があるときは、いつもより気をつけて生活するようにしましょう。

ウイルス性イボの治療法

ウイルス性のイボは早く治療しなければ、次々にイボが増えてしまいます。ウイルス自体は傷口から入り込みますが、一つできてしまうと免疫力の低下によって次々にイボができてしまいます。

 

イボの治療は皮膚科に行く、または市販薬で治療するという方法があります。それでも、まずはイボの様子や症状の深刻さは皮膚科で判断してもらった上で皮膚科の治療・市販薬のどちらかを選択するようにしましょう。

 

皮膚科での治療

・液体窒素で焼く
・切除する
・レーザーで焼く
>>それぞれを比較する

 

市販薬での治療

・イボコロリ
・イソジン軟膏
・スピール膏 …etc

 

市販薬を使う場合は、必ず皮膚科医と相談した上で選ぶ薬を決めましょう。間違った市販薬を選択してしまうと、治らないだけではなくむしろ悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

関連ページ

老人性イボ
老化によってできてしまうという老人性イボ。予防するには原因を知って対策することが不可欠です。また、老人性イボができてしまった場合の治療についても解説しています。
アクロコルドン・スキンタッグ
アクロコルドンとスキンタッグ、似ているようで少し違う2つの首イボについて解説します。違いや見分け方、原因や治療法まで解説します。
胃がんの兆候のイボ
胃がんの兆候といわれている「デルマドローム」その特徴や通常の首イボとの違いと見分け方、対応の仕方を解説します。
若い時にできるイボ
若いのに突然首にイボがたくさんできてしまったら心配になりますよね。老化によって首にイボができてしまうとはいいますが、若い時にできるのは大丈夫なのか・・・